ページ内移動リンク

カトラリー素材知識

純銀

銀は金と並んでその美しい輝きと希少価値により、古くから貨幣や宝飾品として用いられてきた貴重な金属であり、富と豊かさの象徴でもあります。富貴の身分に生まれることを「銀のスプーンを口にして生まれた」と表現されるほどです。誕生祝に銀のスプーンを贈る習慣はここから生まれたということです。
洋食器においては、スプーン、フォークをはじめ、皿やカップ、その他各種の器にいたるまで、本来銀製を最上とします。西洋では昔から純度92.5%の銀を「スターリングシルバー」といい、これで作った洋食器を「純銀製」として珍重しますが、これは貨幣としての法定純度(英)をもった銀という意味です。

洋白銀器

洋白銀器(銀メッキ)は高価な純銀製カトラリーの代用として考えられたものですが、この銀メッキによってそれまで一部の王公貴族の専有物だったシルバーカトラリーが急速に普及したといわれています。今では銀器といえば一般的にこの洋白銀器をさすほどです。 洋白銀器の素地になっている基材は銅とニッケルと亜鉛とからなる合金で、光沢や色が銀に似ていることから洋銀(洋白)または、ニッケルシルバーと呼ばれています。これでつくられた素地を純銀で電気メッキによって覆ったものが洋白銀器です。手に取った時の重量感(比重)も銀に近く、外観もまったく純銀製と変りません。

ステンレススチール

1820年代はじめ、イギリスのファラデーが鉄に1〜3%のクロムを添加するとさびにくい合金鋼ができることを発見したのがステンレスのはじめと言われています。その後多数の科学者によって研究が進められ、現在のような組成のステンレスが完成したのは20世紀に入ってからという事です。 ヨーロッパでは、はじめ高価な銀食器の代用としてステンレス洋食器がつくられたという事ですが、日本(新潟県燕市)では昭和2年、欧米への輸出向けとしてステンレス洋食器がはじめてつくられました。その後優れた特性(美観と耐食性)から急速に普及し、現在では洋食器の素材として最も一般的な物として定着しています。